日々の生活の中で思ったこと、気づいたこと、知ってほしいこと。
庶民の庶民による庶民のためのブログです。


ゾッとする話。

 

朝、室温が低すぎてなかなか布団から出られなくなってきました。

 

 

 

どうも庶民です。

 

 

いや~かなり久々のブログ更新です。。

なんでかしら。

この言葉を言うのは好きじゃないけど

あえて言うと

 

忙しかった。

 

 

ありがたいことに(?)なのか。。。お仕事の依頼が重なり、寝不足です。

ここ1ヵ月くらいは睡眠時間を削ってお仕事しておりました。。

 

困っている方が多いのは良いことではありませんが、

そんな困っている方のお力になれればと思うと頑張れます

(。。。。ホントよ?決して寝かせてほしいなんて思ってないよ。。?)

 

さて、みなさん、もう冬ですよ。

ヒートテック、ルームシューズ、ホッカイロの準備はバッチリですか??

体温が下がると免疫力も下がるので要注意ですよ!

 

そう。

 

ココアを飲みましょう。(←決して回し者じゃないよ?)

 

 

さて、こんな寒い季節に

背筋も凍るような恐ろしい話しを聞いてしまいました。

 

みなさん、

 

ムスコンという存在(言葉)をご存知でしょうか??

 

 

庶民は全くの初耳でした。

 

 

なにやら、

実の息子に対して

彼氏のような「対異性」として接する母親の事をムスコンと呼ぶそうです。

 

自分の子供だから特別可愛いと思うのは親として当然であると思いますが

何が怖いって、

1歳くらいの息子に対してすでに異性として見ている事が衝撃です。

 

この子は私だけのもの。

私の理想の彼氏。

彼に触れていいのは私だけ。

彼が愛していいのは私だけ。

彼が私の全て。

 

 

・・・ゾッ。

 

怖いです。

歪んだ愛情です。

こんな親に育てられてしまったら間違いなく正常な大人にはなれないでしょう。

 

対策としては、母親が病院へ行くのが一番です。

なぜなら、このような感情を抱いてしまうのは精神的な病気の可能性が高いからです。

本来、夫に向くべき感情が子供に向けられてしまっているんです。

 

夫に満足に相手にされない。

夫の嫌な部分ばかり見てしまいこれまでの理想が崩れ、その理想を今度は息子へ向けている状態。

 

 

こんな人が周りにいたら、家族じゃなくても声をかけてあげるべきです。

話しを聞いてあげるべきです。

 

「あんたの考えはおかしいよ。頭大丈夫?」

 

なんて言ってはいけませんよ。

まずは話を聞きましょう。

 

ムスコンと言われている人たちは、自分の息子を自分の人生の生きがいにしてしまっているんです。(共依存

自分(母親)がいなくては生きていけない状況を意図的に(無意識に)作り出しています。

見えない首輪をつけているのと一緒です。

 

 

実は、このムスコンという情報は私の姉から初めて聞いたものなのです。

姉は

 

「・・・もし・・私がこんな状態になっていたら・・・ぶん殴ってくれ。」

 

と言っていました。

 

ええ。ぶん殴りますとも。

私の可愛い甥っ子たちの明るい未来を潰すものは、たとえ実の母親でも許しません。

 

 

そうです。

ムスコンと言われる状態になってしまえば、愛する息子の人生を母親である自分のせいで台無しにしかねないのです。

 

 

私は正常。

これは普通の愛情。

 

自分ではそう思っている事も、周りからみたら異常な事だと言われる場合もあります。

 

まあ、私の周りではそんな人いませんが。。。

 

 

・・・・

 

・・・・・・・ん?

 

 

・・・そう言えば・・・・

 

 

旦那さんのお母さんに

「好きな男のタイプは?」と女子トークをした時・・・

 

 

 

「ん~・・・・」

 

 

 

 

 

「息子たち!!!」

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

ゾッとするお話しでした。