日々の生活の中で思った事、気づいたこと、知ってほしい事。
庶民の庶民による庶民のためのブログです。


やっぱりバスケが大好き。

 

久々のバスケットで体が面白いほど痛い。。。。

 

 

どうも庶民です。

 

 

昨日、7~8年ぶりにバスケットをしました。

いや~。。やっぱり良い!!!

バスケは楽しい!!!

めっちゃ楽しかったー!!!!

 

なぜ久々にバスケットができたかと言うと・・・

とある夏の日に

子供達と公園で遊んでいた時に出会った少年の一言が始まりでした。

 

「バスケしにおいでよ。」

 

そう。。。ナンパです。

 

 

というのは冗談で、

バスケットボールを片手に登場した少年を見つけた私が

 

「バスケット好きなの?」

 

と声をかけたところから始まりました。(←庶民のナンパ)

 

 

少年は私がバスケ経験者だと知ると食い入るようにバスケサークルに勧誘してきました。

そのまっすぐで一生懸命な姿におばちゃんは(庶民は)関心してしまいました。

 

そして、私のバスケ愛に火をつけたのでした。

 

あ、

庶民は

小学3年生から22歳頃までず~っとバスケをしていました。

高校生のバスケコーチをしていたこともあるほどバスケが大好きです。

 

もちろん、スラムダンク派です。

みっちー派です。

木暮君派です。

水戸君派です。(多い)

 

 

盛岡に引っ越してきて

友達も

知り合いも

趣味も

なーんもなくなった庶民からしたら

心の底から嬉しい誘いでした。

 

でも、バスケサークルへ行ける状態ではなく

少年から教えてもらったサークル管理者への連絡先を知っていながらも

「参加したいです!」

という連絡ができずにいました。

 

そしてつい先日

・・・・どーしてもバスケがしたい!

 

あ、

 

「バスケが・・・したいです・・・・・」(みっちー風)

 

状態になった庶民は

思い切って管理者へ連絡を入れました。

 

すると、

次の活動日がちょうど私の旦那の休みと合い、晴れて私はバスケサークルへ参加できることとなりました。

 

幸せな時間でした。

 

盛岡へ来て初めて「楽しみ」を見つけました。

 

 

それもこれも、あの時公園で出会った少年のおかげです。

これがご縁です。

 

私はあの時頂いたご縁を生かしたまで。

子供の言葉だからと無下にせず、そのまっすぐな言葉に真摯に向き合った結果です。

 

 

皆さんも、日々さまざまなご縁に巡り合っているはずです。

ですが

良い縁もあれば悪い縁もあります。

しっかり見極めて

そのご縁を生かすも殺すも自分次第。

 

 

ね?

結局最後の「1歩」は自分が出すしかないんですよね。

 

自分を取り巻く環境や人間付き合いを変えたいと思うのなら、まずは自分が動きましょう。

よ~く周りを見渡せば

実は意外と多くのご縁に巡り合っているものですよ。

 

 

さて、久々のバスケで調子こいた庶民は

筋肉痛の痛みに耐えながら家事・育児・仕事をこなしていきます。

 

今年も残りわずか!

有意義な年末にしましょう。