日々の生活の中で思った事、気づいたこと、知ってほしい事。
庶民の庶民による庶民のためのブログです。


ホントにあった怖い話。

 

夏の心霊番組よりも

クレジットカードの請求金額を見るほうが怖い。

 

 

どうも庶民です。

 

 

ある夏の蒸し暑い日

クレジットカードの請求金額確定のメールが入っていたので恐る恐るチェックしました。

するとそこには・・・

 

身に覚えのない

 

「アマゾンプライムカイヒ ¥3.900」

 

文字が・・・・!!!!

 

 

 

 

「・・・・・キャー!!!!!」

 

 

どうです??

 

怖くないですか??

 

 

庶民は変な汗をかきました。。

 

 

こんな会員になった覚えはない!

半分ブチ切れながらアマゾンの保有アカウントをチェックしました。

 

 

すると

 

以前、アマゾンで商品を購入した際

 

「今なら無料でプライム会員の特典を体験できます」

 

という甘い誘いに乗ってポチっと押してしまった事を思い出しました。

 

 

なんと、その甘い誘いには仕掛けがあり

 

半年間無料でその後は自動更新となり会費¥3,900を勝手に引き落とされる

 

というカラクリです。

 

ようは

 

「無料」に飛びついたカモが「無料期間」を忘れ

自動更新月になっても更新通知(ここからは料金が発生しますよ~)など一切連絡がくる事もなく、エスカレーター式に勝手に入会させられ気が付いたら会費がクレジットカードから引き落とされるという事です。

 

確かにアマゾンプライム会員特典は相当なものです。

さまざまなサービスが月325円程度で利用できるなんてすごいと思う。

 

でもね

庶民は半年に1回アマゾンを利用するかしないかの人間です。

 

つまり

庶民にとって会費とは全くのムダ金になるのです。

 

そこで

引き落としに気が付いた庶民はソッコーで解約した。(大慌てでね)

 

会費が引き落とされていても、会員特典を1度も利用していなければ全額返済してくれるそうです。

 

とりあえずホッとしました。。。

 

 

皆様もどうかお気をつけくださいね。

 

 

そんなこんなでお盆です!

高校野球です!!

 

皆様も

庶民も

素敵な夏の思い出が作れますように。。。

 

 

朝晩の寒暖の差が激しいので風邪をひかぬようご注意ください。

 

境界のRINNEと私の師匠。

 

今年、初めて虫に刺された位置が足の甲の横。

靴を履くたびにかゆくてイライラしちゃう。。。

 

 

どうも庶民です。

 

 

 

我が家の娘っ子たちはアニメ「境界のRINNE」にハマってます。

 

内容は

 

貧乏だけど心優しい死神(主人公)と

無表情のヒロインと

ゆかいな仲間たちが

目に見えない世界で目に見えないものとドンパチする

 

というアニメです。(おおざっぱすぎる説明)

 

キャラクターが可愛くて、小さい子供が見ても分かりやすいらしく

娘たちはドハマりしております。

 

先日TSUTAYAに行ったのもこのアニメをレンタルする為です。

 

 

我が家では毎日のように「境界のRINNE」が放映されております。

 

 

なので私も嫌でも目に入ります。(実際、私も楽しんで見ています)

 

実は主人公の少年と私の師匠が結構ダブルのです。。w

 

自分も貧乏なのに困っている人にお金を使ってあげたり

自分の能力をお金儲けの道具として乱用する事もしなかったり

人権を尊重した浄霊方法にこだわるところなど。

 

 

ただ、アニメの世界と現実で全く違うところは

 

「お金」

 

についてです。

 

アニメではあの世(霊界)でもお金が必要な生活をしていますが

 

現実の世界ではあの世(霊界)で「お金」という物質的なものに縛られる事は一切ないそうです。

 

いくら生前お金を貯めこんでも

死んでしまったらなんの意味ももたないし

もちろん、お金を持って行く事もできません。

 

ところでみなさん。

このことわざを1度は聞いた事ありません??

 

地獄の沙汰も金次第

 

「金さえあればどんな悪いことをしても、閻魔様に裏金を渡して地獄に行かずに済むぜ!!うっひょ~!!!!あの世でも金を持っている奴が優位なのさ♡」

 

 

思っている人がほとんどではないでしょうか??

 

はい。ぶぶーーーー。(不正解)

 

 

ここで昔話を1つ。

 

 

むか~しむかし

とある村で大金持ちの長者が亡くなりました。

そこで山寺の和尚さんに葬儀を依頼し、準備が進められていた時

亡くなったその長者が地獄に落ちていく光景が目に浮かんだそうです。

そこで和尚さんは亡くなった長者の富(資産)を

急いで村人に分け与えるよう小僧を介して遺族に伝えられました。

地獄に落ちては大変と遺族はさっそく村人に富を分け与えました。

そうしたところ長者の地獄行きの沙汰は免れ、無事に成仏できました。

 

おしまい

 

 

いかがでしたか?

つまり「地獄の沙汰も金次第」の本当の意味は

 

余る程の財があるならば世の為人の為に分け与え徳を積みなさい

 

という意味です。

 

 

 

深いですね~。

この話は以前にお話しした「施す」という意味ですね。

 

ほどほどを越したら誰かに分け与えてあげましょう。という意味です。

 

 

ただ、ここで大事なのは

 

「分け与えてあげたんだから~・・・」

 

と見返りを求めては意味がありません。

 

見返りを一切求めず、無償の愛で施して初めて徳が積まれるそうです。

 

 

私も精進しなければ。。。

 

 

さあ、

今日も見るぞ!!!

 

境界のRINNE!!!

 

人間の価値とは?

 

 

最近、大量に頂いたきゅうりを漬物にするのがマイブーム。

 

 

どうも庶民です。

 

 

 

本日は久々に1日オフでした。(1度言ってみたかったんです。。。)

なので今日は子供達とじっくりまったり過ごしておりました。

 

いや。。。

 

まったりはウソです。。

 

午前中から炎天下の中歩き回り、私の足がパンパンです。

 

 

・・・・え?

 

もとからパンパンだって?

 

・・・・・

 

・・・・・・・・

 

 

 

今日、子供達と言ったTSUTAYAでこんな人を見かけました。(話をそらす)

 

 

DVDを探しに来ていた30代程のカップルです。

 

 

彼女:「この人(日本の有名人)って超頭悪いよね~」

 

彼氏:「ってかもはや芸能人の価値ないわ~」

 

彼女:「ね~。早くテレビから消えてほしいわ~」

 

2人:「ははははは・・・!」

 

 

 

( 一一)

↑こんな顔で見てた庶民。

 

嫌なものを見て・聞いてしまった。。。

 

 

色々と突っ込みたい所はあるのですが、1つだけ言わせていただくと

 

 

よくその服装でデートしてるな!!!!!

 

というのも

彼女の服装が・・・上は白い透け透けのTシャツで下はジャージの短パン(中学時代のもの?)。靴下は小さい子供が履いているようなラブリーな柄のハイソックス。

そしてなぜだかカバンだけは綺麗で高そうなもの。

 

彼氏に至っては

穴が空きすぎて、元がダメージジーンズなのかそれとも劣化による穴なのかの判別できない程でした。。

 

 

ね?

突っ込みどころ満載でしょ?

 

 

 

まあ、冗談は置いておき(服装はマジだよ!)

 

私が一番言いたかったのは

 

どこのなにで人の価値を決めてるの?

 

という所です。

 

 

人はほぼ、自分を基準に物事を判別しますよね。

 

先ほどのカップルの会話にあった

 

「頭悪いよね」

 

という発言は

 

「(自分からしたら)頭悪いよね」

 

という

 

自分を棚に上げた発言でしょう。

 

 

こういう自分を基準にしてしか物事の判別ができない人は頑固者が多いです。

 

人の意見など一切聞かず、外の広い世界を知らない井の中の蛙です。

 

ここでいう外の広い世界というのは物質的な事ではないですよ?

 

「価値観」です。

 

自分の価値観の中でしか世界を見れていない人は井の中の蛙です。

 

 

 

 

昔、私が勤めていた某インテリアショップの社長がこんな事を言っていました。

 

「どっか店とか会社とか行った時にやたらと高圧的に(偉そうに)話してくる人に俺はこう聞くね。

あんた、何カ国行った事あるの?

ってね。」

 

・・・さむ。

 

この社長は自分のお店(インテリアショップ)とは無関係な副業の為に、しょっちゅう店を開けて海外へ遊び歩いていました。(その間お店の事はスタッフに丸投げでした。)

 

そうしてさまざまな国に行って、さまざまな文化や景色を見て

 

自分は人より多くの国を見て、世界を知っている!だからすごいんだ!

 

とでも思ったのでしょう。

だから

人の価値=何カ国行ったか

という方程式が彼の中にあったんだと思います。

(なんとも残念な考え方です。)

 

 

じゃあ、彼の言う方程式にあてはめたら

 

イモトアヤコさんが一番偉いの?

出川さんが一番偉いの?

 

そもそも偉いって何??

 

人の価値は人には決められません。

 

だって人は無限の可能性を秘めていて、どこの誰だろうとその人の価値(限度)を勝手に決める事はできません。

ってゆうか勝手に決められてたまるか!!!って感じです。

 

ですが、自分が生まれてきた価値を知る方法はあります。

 

どれだけ人の為に尽くし、どれだけ人に感謝されたか

です。

 

 

「自分が死んだら一体何人の人が泣いてくれるだろう・・・」

と1度は考えた事ありませんか?

 

これはつまり

自分の死を心から悲しんでくれて、それほどまでに自分に対し深い愛情を持ってくれていた人の数です。

 

実はこの人数

たった1人でもいいんですよ。

 

たった1人でもその人の為に自分の存在が役に立ち、深い愛情を与える事ができたならばそれだけでも十分なのです。

 

 

 

いいですか?

数じゃないんです。

 

「何カ国行った?」

 

とか言っているうちはまだまだ赤ん坊です。(←by師匠)

 

「何を見て、何を学んで、それをどう人の為に活かすの?」

 

という考えに至っている人は一体どれほどいるのでしょうか。

 

 

 

私の大好きな映画「ムーラン・ルージュ」の冒頭で大好きな言葉があります。

 

 

この世で最高の喜びは

誰かを愛し

また

その人からも愛される事だ

 

 

この映画は男女の愛を描いたものですが

人間関係という大きなくくりで見てもグッとくるセリフです。

 

私はもうすでにこの世での最高の喜びを知っています。

知っているので、この喜びをまだ知らない人におすそ分けしたいのです。

 

みなさんも、最高の喜びを知っているのであれば

まだ知らない誰かにおすそ分けしてあげてくださいね。

もういくつ寝るとお盆だよ~

 

クーラーでお腹壊す。貧乏体質を実感中。

 

 

どうも庶民です。

 

 

 

今日で7月も終わりですね。

あっとゆーま。。。

 

 

アッとゆう間ですよ。。。

 

 

そして8月の大きなイベント。

 

そう。

 

 

お盆です。

 

 

お盆が近づくと私達の仕事が繁忙期を迎えます。(特に私の師匠が。。)

 

 

そのほとんどの依頼がご先祖様に関する問題です。

 

 

お盆と言えばご先祖様が子孫に会いに帰ってくる時期と言われていますよね。

皆さん、ご先祖様をお迎えする準備はバッチリですか??

 

 

・・・・・

 

 

・・・・・・・・・

 

 

序盤から「ご先祖様、ご先祖様・・・」と

何やら仏壇を買わされそうな気配がしませんか??

 

 

 

ご先祖様・仏壇・ご供養危ない勧誘

 

 

という認識が広まっている事がとても悲しい事だと私は感じます。

(怪しい宗教・霊能者が金儲けのためにご先祖様供養を食い物にしているせいもあります。←これが一番許せない。)

 

 

というのも、

 

むか~しむかしはご先祖様のご供養は孫子が当たり前のように受け継いでいた事なはずです。

 

本来は

先祖を敬い、自分がこの世に誕生した事や日々の暮らしに感謝する尊い儀式なはずです。

 

 

しかし、

 

核家族化が進み、自宅に仏壇などがない家庭がほとんどとなり

 

ご先祖様供養は実家(おばあちゃん、おじいちゃん家)で行うもの

 

という認識が当たり前になってきています。

 

もっと言えば

 

ご先祖様供養というもの自体を知らない人たちが増え続けています。

(先祖供養について知識を持っていない人が親や祖父母になっているからです)

 

 

また、

 

お盆にのみ墓参りをして

 

「私はちゃんとご先祖様に手を合わせてるよ!」

 

と自信満々に言い放つ人が多すぎます。

 

 

もちろん、お墓参りは大事です。

放っておかれるより故人も喜ばれる事でしょう。

 

 

ですが

 

 

一番大事なのは

 

日々ご先祖様に手を合わせ、敬うという気持ちです。

 

 

1年に1度、思い出したかのようにホコリをかぶった仏壇やお墓に手を合わせるだけが本当にご供養と言えるのでしょうか?

 

もちろん、さまざまな事情でなかなかお墓参りが行けないという人もいるでしょう。

 

 

ですから、

 

日々のご先祖様供養が大切なんです。

 

 

 

たっかいお金を払ってお坊さんにお経を読んでもらえばOK。

永代供養で任せてあるからOK。

そもそもお墓も仏壇もないからやらなくてOK。

 

 

はたしてそうでしょうか?

 

 

自分が死んだと想像して考えてみてください。

 

 

1年に1度だけ急に全然知らない丸坊主の人が、なにやら低い声で延々お経を唱えているのを聞いて嬉しく思いますか?

それよりも、日々の何気ない時に自分を思い出してくれて「私は元気だよ。いつもありがとう。」と祈って手を合わせてくれる方が何万倍も嬉しくないですか?

 

永代供養やお墓がないからと言って

自分の事が一切忘れ去られ、人任せにされていると知って悲しくなりませんか?

立派なお墓や仏壇がなくても、自分の事を思い出して忘れずにいてくれただけでも嬉しくないですか?

 

 

ただ目に見えないからと言って「亡くなった人はベツモノ」という考えにならないでほしいのです。

故人も私達と同じ感情をもった人間です。

 

 

日々の生活の中でどうやってご先祖様供養をすれば良いのか?

そう思ってくれた方へ。

 

立派な仏壇なんかいりません。

立派なお経がなくてもいいんです。

 

まずは毎晩寝る前に

「今日も1日ありがとうございました。」

と布団の中でもいいので手を合わせてあげてください。

(心の中で手を合わせてもOKですよ)

 

 

もっとしっかりご供養をしたいと思った方はお気軽にお問い合わせください。

自宅でお金をかけずにできるご供養方法などもありますよ。

 

 もちろん、お盆にはお墓参りに行きましょう。

海や観光に行く前にお墓参りに行きましょう。

(お盆に水場で足を引っ張られる事にもちゃんと理由があるんですよ)

 

今日は終始真面目に話してしまいました。(珍しい)

それほど大事な事なんです。

 

 

今回の内容を見て1人でも多くの方がご先祖様の事を思い出すきっかけになると幸いです。

 

 

 

真面目に話したらお腹すいてきた。。。

きゅうりの漬物(庶民の手作り)でも食べるかな。。。!

 

 

 

 

偽物の霊能者・占い師の見分け方

 

日焼け止め塗る前からすでに黒い。。。

 

どうも庶民です。

 

 

 

前回の更新から少し時間がたってしまいました。。(約10日)

仕事がたてこんでしまい。。。(ありがたや~)

 

仕事が終わった深夜に

 

「よし!ブログ更新じゃ~!」

 

とは

 

ならず。。

 

 

 

さて、今回は!!!

 

前回予告した

 

本物の霊能者かどうかを見分ける為の

 

「偽物の霊能者・占い師の見分け方」

 

をご紹介致します。

 

 

あ、

念のためもう一度言っておきますが

 

庶民(私)は霊能者ではございません。

 

そこんとこヨロシク。

(ちなみに、私の師匠はその筋のお役目がある方です。)

 

 

 

ここで皆さん、疑問に思う事がありませんか??

 

 

 

「コイツ、何も見えないくせに本物の霊能者の見分け方とか分かるわけないじゃん」

 

 

・・・ごもっとも。

 

 

でもね、

庶民でも見分けられる方法じゃないと

みんなも見分けられないんですよ。

 

霊感などを持つ特定の人だけが判別できても意味がないんです。

 

だって、胡散臭い霊能者に騙されている人はいつだってか弱い庶民(一般人)なんですよ?

(霊感があり、波動がわかる人はその人物の目を見ただけで分かります)

 

 

実は私、

「自称霊能者・霊能力者・占い師」という類は昔から好きじゃありません。

(え?自分、今こんな仕事しているのに・・・??)と思った人も多いですよね。

 

いいですか?

自称」という点がポイントです。

 

 

自称=自分ではそう思っている

 

というだけの事です。

そこに本物の力があるかどうかなんて関係ないんです。

 

学生時代に、急に霊感があると言い出した友人とかいませんでしたか??

人より特別な存在になりたいがためにやってしまう”学生あるある”でもありますよね。。

 

 

突然ですが、ここで私の幼少期のお話をしましょう。

 

 

*****

むか~しむかしある所に

 

それはそれは可愛い小学生の女の子がいました。(多少の誇張はお見逃し下さい)

 

その女の子は幼い頃から不思議なものが見えていました。

 

おうちの中に知らない男の人(母の浮気相手とかじゃないよ)

 

寝ている自分の足元に知らない女の子

 

学校に猫(職員室に数匹でたむろ)

 

毎日のように金縛り

 

 

このような不思議な体験が起こるたびに家族や友達に

 

「昨日こんな事があってね!!!」

 

と大興奮で話しますが

 

「ふ~ん。。」

 

でおしまい。

 

信じてもらえませんでした。

 

なのでいつしか誰にも話せなくなりました。

 

 

そんなある日、学校の廊下で友達と談笑していたら

 

天井の角っこに得体の知れないものが

 

うにょうにょ動いているのを発見しました。

 

でも可愛い女の子は見えないフリをして話を続けていました。(誇張有)

 

その時、女の子の不自然な視線に気が付いた1人の友達が目線の先をチラッと見ました。

 

するとその友達は女の子に向かって

 

「・・・あれ・・・・ね(;´・ω・)」

 

と軽く指を指して一言。

 

あ・・!この子見えてる・・・!!!

 

そう確信しました。

 

ですがその子はそこから一切その事には触れず普通に談笑を続けました。

 

 

*******おしまい。

 

 

この話を聞いてどう思いますか??

 

 

本当に見えている人はその光景が日常茶飯事なので、自ら騒ぎ立てることは絶対しません。

むしろ隠そうとする人が多いと思います。

 

 

あ、ちなみに庶民(私)が見える女の子と思っている皆様へ。

 

もう見えませんよ。

 

正確にはほぼ見えません。

 

ある日を境にパッタリ見えなくなりました。

 

何かを感じる程度です。

 

 

さあ、ここからが本番です。

 

では、一体どうやって偽霊能者・占い師を見分けるのでしょうか。

 

 

下記チェックリストを参考にしてみてください。

 

 

 

こんな自称霊能者・占い師には気を付けろ!

 

・聞いてもいないのに「あんたには○○が憑いている!」と脅してくる

・「○○しないと不幸になる」と条件付きで脅してくる

・「このままでは家族に~」と身近な人物を巻き込んでくる

・鑑定料・お祓い料が異様に高額

・自分の経歴や能力を自慢し始める

・自分は○○の生まれ代わりだと言い始める

・命令口調で本人の意思を一切聞かない

・次々と何かを買わせようとする

・「これを信じれば大丈夫」と何かを崇拝させようとする

・他の霊能者・神社・お寺など自分以外の意見を批判する

・自分の出した答えに対して突っ込まれると異様に怒る

・言っている事がコロコロ変わる

 

 

上記の特徴があればまず間違いなく偽物でしょう。

 

 

最後に

昔、私が出会った自称霊能力者のお話をしましょう。

 

****

その日は私の友人のカラーセラピストがイベントに参加いているとの事で

 

遊びに行きました。

 

友人の2つ隣に構えていたブースには

 

「霊視致します」

の看板を置いた

 

小太りな2人組の女性がいました。

 

本日10分1000円!!→通常価格10分3000円

 

と書いてありました。

 

そこで私は冷やかしの感覚で1000円を払ってみてもらいました。

 

すると

 

 

開口一番

 

「あんた子供好きでしょ??」

 

「まぁ、はい。」

 

「あなたの後ろに小さい子供が憑いてるもん。すそを掴んでるよ」

 

「マジっすか。」

 

「・・・ん~あなたの部屋は霊道になってるね!引っ越した方が良い!」

 

「・・・マジっすか。」

 

「あなたの先祖はお侍さん!」

 

「・・・・・・」

 

 

******おしまい。

 

 

偽物だとあきらかに分かるポイントがあるのがおわかりでしょうか??

 

 

 

そうです。

 

 

 

私のご先祖様がお侍さんな訳がないんです。

そんな良い家柄じゃない。

 

庶民中の庶民。

おそらく平民・農民ではないでしょうか・・?

 

 

 

偽霊能者の中には、

元々は本当に素晴らしい能力を授かっていた方もいらっしゃいます。

 

最初は清く正しくおつとめしていた方も

いつしか物欲(物質的欲求)に飲み込まれ、お金儲けのためにその能力を使うようになってしまうパターンが多いそうです。

 

とても残念です。

 

 

 

みなさん、偽物にはご注意を。