日々の生活の中で思った事、気づいたこと、知ってほしい事。
庶民の庶民による庶民のためのブログです。


価値観は人それぞれ。

 

昨日、白髪を1本発見して落ち込んでいます。

どうも庶民です。

 

 

最近、ありがたいことにたくさんのお仕事を頂いて

なかなかブログを更新できずにいました。

 

ブルゾンちえみ風に言うと

「効率的な仕事ぶり、充実した私生活」

 

そう。

私は、限られた時間の中でいかに効率的に仕事をこなすかを重視しております。

日々、頭の中にタイムスケジュールがあるのです。

10分刻みで。

 

「よし!このままいけば予定通りに仕事が進められるぞ!」

 

と先を見通してニヤニヤしていた庶民。

そんなある日の昼下がり。。。

 

ピンポーン

 

突然我が家のチャイムがなりました。

 

 

「どうせまた宗教とかの勧誘だろう。。。居留守を使おうかな~。。。」

 

自宅で仕事をしていた私はその手を止めてそ~っとモニターを覗きました。

(娘たちは幼稚園)

 

「うそん・・・」

 

心の声が口から漏れてしまいました。

 

モニターに映っていたのは義母でした。

 

 

「あれ?今日来るっていう話だっけ!?私の計画ミス!?あ、部屋汚い。。。その前に私の眉毛がない!(庶民は絶望的な程自前の眉毛がない)・・・居留守を使おうか・・!?いやいや、窓全開で洗濯物を干しているんだもの在宅しているに決まっているだろ・・・!!」

 

こんな感じで私はプチパニック。

そうです。

 

これが噂の

 

アポなし凸!

 

初体験、おめでとう自分。

 

20秒ほど考えた末にやはり出る事に。。。

 

「はーい!(明るく)あれ!?どうされました!?(かなり明るく)いま、ドア開けますね~(棒読み)」

 

ガチャリ。。。

 

扉を開けて驚いた。

 

我が家の玄関先(せま~いポーチ部分)に見知らぬ花の植木鉢と見知らぬアイアンオブジェが・・・!!

 

「んんんん!!????なんじゃこれぇぇぇぇぇ!?」

 

ギリギリ心の声に留まった私の心の叫びをよそに義母はこう言った。

 

「鉢植え、持ってきちゃった☆どう?可愛いでしょ~♪」

 

 

・・・・

 

・・・・・・・

 

「か、可愛いですね~♡わざわざこれを持ってきてくれたんですか~☆(バカに明るく)」

 

この瞬間、私は自分が大人になったな~と実感。

 

「このアイアンのオブジェは、さっきホーマックで買ってきたの~☆これ、絶対ここに置いたら可愛いな~と思って♪」

 

・・・

 

・・・・・説明しよう!

義母はガーデニングが大好きな人間なのだ!

お花大好き!

鉢植え大好き!

玄関先にお花があるのが当たり前という価値観の持ち主なのだ!!

 

 

「・・・・・」

「すご~い!ぴったり~!(キャバ嬢が客を持ち上げる感覚)」

 

そしてもうすぐ子供たちが幼稚園から帰ってくる時間。

もちろんこのまま義母は孫達を待って、その後イオンへ。。

 

 

私の1日のタイムスケジュールが見事に崩された瞬間でした。

 

 

ここで1つお伝えしたい。

 

 

義母は本当に優しいのです。

自分の貴重な休日を義理の娘(私)や家族の為に使い、

可愛い服があれば孫だけではなく私にまで買い与えてくれたり

困ったことがあれば一目散に駆けつけてくれる母の鏡のような方なんです。

 

今回だって

「息子家族の玄関先にも、我が家のようにお花があった方が絶対良いはず」

という思いからの行動でしょう。

 

自分が良いと思う事を相手にもしてあげたい!

 

これ自体の考え方はとても素敵な事だと思います。

 

 

ですが

 

 

自分の「良い」と思っている考えが、相手にとって「良い」ものかどうかは別の話です。

自分の価値観と相手の価値観を履き違えてはいけないのです。

 

 

実際に我が家の玄関先(ポーチ)は狭いのです。

大きな鉢植えを2つも置いてしまうとスペースがさらになくなるのです。

くわえて私は植物を育てるのが苦手です。

特に、こまめに世話をしてあげなければいけないお花なんて育て続ける自信がありません。

そして一番のネックな部分は虫が寄り付く事です。

我が家はアパートです。

ポーチは私達家族だけのものではないのです。(一応仕切られてはいるけどポーチは隣のポーチと繋がっている)

虫が寄り付いて来たらお隣さんにも迷惑がかかるのです。

 

 

 

よって

 

我が家にとって花の鉢植えは不要だったのです。

ですが、義母の優しさを前にそんな事を言えるはずもなく

現在も我が家の玄関先にしっかりと置かれています。

 

最初のチャイムの時点で「宗教の勧誘かな?」と思った

と言いましたが

あながちはずれてはいなかったようです。

 

宗教勧誘の方も

 

自分たちの信じているものは素晴らしい!

この素晴らしさをまだ知らない人たちにも知ってもらい、

我が宗教に入信して幸せになるべき!

 

という信念の元、勧誘をされているはずです。

(勧誘活動を応援しているわけではありません。)

 

 

これ、さっきの義母の考えと似ていませんか??

 

 

玄関先にお花を置くと絶対良い!だから置くべき!

うちの宗教に入信した方が絶対良い!だから話を聞いて!

 

 

同じですよね。

どちらも根底にあるのは「相手の為を想って」という想念です。

 

これ自体は優しさから生まれるありがたい思いやりですが、

これを相手に無理に強要した時点で「思いやり」が「押しつけ」になるんです。

 

 

 

自分の価値観を相手に押し付けてはいけない。

 

 

いくら相手の為とは言っても相手がそれを望んでいなければ身を引くべきです。

 

10人の人間がいれば10人それぞれの価値観があり

自分の価値観だけが全てではないという事を忘れてはいけません。

 

 

よく

 

「セールス・勧誘お断り!」

 

という断り文を玄関先に貼り付けている家庭がありますが

これではあまり効果がないでしょう。

だって相手からすると

「これはセールス(勧誘)ではなく、あなたの為を想っての事!」

というスタンスですから。

 

 

 

なので私から1つご提案。

 

 

 

「価値観の押し売りお断り!」

 

 

 

という断り文はいかがでしょう?

 

これならどんな人に対しても使えるはずです。

 

ぜひ、

お試しあれ。

 

 

我が子の笑顔はプライスレス。

 

シャウエッセンのある朝食に憧れます。

どうも庶民です。

 

 

 

昨日は幼稚園の親子遠足でした。

場所は小岩井農場

天気良く(暑すぎた。。)子供達も大満足!

それと比例して大人(私)は疲労困憊。

遠足なのに現地集合現地解散という事にも驚きを隠せない。。

 

車は旦那さんが使っているのでどうしようかな~と思っていたら

義父が一緒に親子遠足に参加してくれることに。

 

 

そんな私の華麗なる遠足準備から本日までの様子をご覧頂こう。

 

 

2017.06.17 

pm8:00

・お弁当の仕込みスタート(ほうれん草とベーコンの炒め物&唐揚げの下味付け)

pm9:00

・明日の為のお米5合を予約炊飯

pm10:00

・持ち物準備

pm10:30

・明日に備えて早めの就寝

2017.06.17

am6:00

・起床(そ~っと起きて準備するつもりが娘2人も起きてしまった。。)

am6:20

・お弁当作りスタート(唐揚げ揚げて、卵焼き焼いて、ウインナーゆでて、副菜用意して、水筒用意して)

am7:15

・お弁当作りの合間に娘たちに朝食を与える&着替えさせる

am7:50

・お弁当準備完了!(出発予定時刻はam8:00)

am8:00

・私の着替え&厚化粧&日焼け止め塗布完了!

am8:10

・じぃじ(義父)のお迎え&出発

am8:50

小岩井農場到着!

am9:20

・園のクラスごとに記念撮影(これ、いらなくない・・・?)

am10:00

・親子レクレーション(親子で体を動かして遊ぶ)

am10:50

・自由散策(小岩井農場を自由に遊んでOKタイム)

am11:30 事件発生

じぃじが子供達にソフトクリームを1個まるまる与えてしまう。

(甘いものを極力与えないよう子育てをしてきた庶民。もちろんソフトクリーム1個なんて多すぎるから私の分のソフトクリームを子供たちに分け与えようと企んでいたのに。。。1個まるまるって。。。)

 

さらにじぃじがここで焼きとうもろこしとじゃがバター購入。

(おいおいおい。。。私が昨夜から仕込んでいたお弁当というものがあるのに今、これを買うかね?確かに美味しそうだけど。。。子供達、絶対お腹いっぱいになって私のお弁当食べてくれないよね?そもそも、ソフトクリームだって食後のデザートにあげる予定だったのに。。。)

pm12:00

・昼食タイム(。。。。ほれ見ろ。。子供たちのお弁当を食べるスピードが遅すぎる。すでにお腹いっぱいなんですね。そうですよね。昨夜から仕込んだ手製の唐揚げなんて1個も手付かず。。。あ、ウィンナーは食べるんだね。ただボイルしただけのウィンナー。。。あれ。。?おかしいな。。。?涙がこぼれそうだ。。。)

pm1:00

・再び自由タイム(一瞬、次女が迷子になるも無事発見)

pm2:00

・親子遠足終了。解散!(やっと!!!長かった!!)

pm3:00

・帰宅(と同時に子供たちをお風呂へ。じぃじも自分の家へ帰宅。)

pm4:00

・遠足の後始末もなにもせず気絶するように昼寝(子供達も一緒に)

pm6:30

・昼寝から起床。見たくない現実を見る(食器&衣服の洗い物の山)

pm7:00

・現実逃避のため自分もシャワーを浴びる(このとき長女は起きていた)

pm7:30

・夕ご飯タイム(手付かずのお弁当の余ものを食す)

pm8:30

・次女起床&夜ご飯(このタイミングで旦那さんが珍しく早く帰ってきた)

pm22:00

・母と娘2人就寝(とにかく寝たい!!!何もせずそのまま眠る)

2017.06.18

am8:00

・起床(見たくない現実を再び見てしまう)

・食器洗いスタート

・洗濯スタート

・ついでにレジャーシートも洗ってやるぜ

am11:00

・やっと遠足の後始末が全て終わりました。(やってやったぜ!!!)

 

 

 

 

遠足は当日はとっても楽しい!

(子供たちが楽しんでいる様子を見られるのが嬉しい)

 

まさに我が子の笑顔はプライスレス。

 

 

 

まだ昨日の疲れが消えていないのは歳のせい…?

 

 

・・・え?

余ったお弁当はどうしたかって??

 

旦那さんの夜ご飯(今日も)ですよ???

 

 

・・・え?

遠足の途中で私が愚痴ってたって???

 

 

 

はは。

気のせいですよ。

 

 

 

ソフトクリームと焼きとうもろこしとじゃがバターをお弁当前に食べさせられたくらいで私は怒りませんよ。

 

愛情込めて作った唐揚げを大量に残されたくらいで私は怒りませんよ。

 

 

わざわざ朝早くから遠足の為に我が家までお迎えに来てくれた義父に対しては感謝の念しかありませんよ。

 

 

 

さ・て・と~

 

 

 

今夜のおかずは唐揚げよ~♡

野原ひろしに学ぶ「感謝の心」

 

ケンタッキーオリジナルチキン2個食べると胸やけします。

どうも庶民です。

 

 

先日の「毒親と良親の見分け方」が思いのほか反響が大きく

私自身驚いています。。(注目されることに慣れていない庶民)

こんな庶民のブログを読んで頂きありがとうございます。(ホントに)

 

それだけ「毒親」というキーワードに敏感になった時代なのかな・・・

ここで1つ言っておきたいことがあります。

 

自分の親が毒親だったからといって絶縁したり、親をけなしていいと言っているわけではないんですよ?

気付いたらそこから新しい考え方、行動を起こせるよというきっかけに過ぎません。

または自分が毒親であったと認識したら、今までの自分の言動を改め、反省し、我が子に謝るチャンスが与えられるという事です。

 

 

前回は主に「親」へ向けた内容でしたが、

今回は「子供」へ向けたメッセージをお伝えします。

 

だって庶民は若い子だーいすき。(決して怪しい者ではございません)

 

実は私のところに鑑定依頼に来てくれる人は若い子が結構多いんですよ。

※親からの依頼があった場合を除き、中学生以下の鑑定は基本的に行っていません。

 

 

あ、

ちなみに庶民(私)はアラサーです。

 

 

さて、ここで皆さんに質問です。

 

あなたは「親」ですか?「子供」ですか?

 

 

ちなみに私は「親」であり「子供」でもあります。

だって私には私を産んだ母がいて父がいるんだもの。

そして今や2人の可愛い娘の母としても生活しています。

子供がいるからと言って「親」だけになれるわけがありません。

 

私は一生母と父の子供です。

たとえそれが毒親だとしても「子供」であることに変わりはありません。

 

 

・・・もう気づきましたか?

「親」になったことがない人はいますが「子供」になったことがない人はいません。

つまり、み~~~んな「子供」です。

(精神性を抽象的に子供と表現するわけではないですよ?)

 

 

子供には当然、親がいますよね?

 

親がいなければ自分は今ここに存在していないんです。

親がいなければ自分はこんなに大きく育っていないのです。

親がいなければ自分が親になる事なんてできないのです。

 

 

この事を忘れている人があまりにも多い。

たとえ毒親でも

その存在がなければ自分は生まれてくることすらできなかったんです。

 

 

毒親だから縁を切る!!!

と安易に考えるのはちょっと待とう?

ちょっと距離を置いて、深呼吸してもう一度よく考えてみよう。

縁を切るのではなく、自分がしっかり自立して「巣立ち」という形で気持ちよく親元から離れて羽ばたこうよ。

 

 

 

ここで私の大好きなクレヨンしんちゃん「野原ひろし」の名言をご紹介しましょう。

 

 

父ちゃんに言わせりゃあ、自分一人でデカくなった気でいる奴はデカくなる資格はねえな。」

 

 

 

 

かっちょええ。

 

これですよ。これ。

 

まさにこのセリフが

今回私が「子供」へ向けて伝えたかった内容の全てです。

 

感謝の気持ちを忘れた人間に成長する資格はないのです。

 

これ、私自身への戒めの言葉でもあります。

 

 

 あ~・・

クレヨンしんちゃんの映画見たくなってきたー!!

埼玉紅サソリ隊に入りたいー!!!

 

 

 

今回も最後まで読んて頂きありがとうございました。

 

良親と毒親の見分け方。

 

好きなディズニー映画はダントツで「美女と野獣」。

どうも庶民です。

 

今日は、前回予告した「毒親」についてお話します。

正確には、

私の恩師が言っていた言葉をお伝えします。

 

 

毒親とは?

毒親(どくおや、英:toxic parents)とは、過干渉やネグレクトなどによる児童虐待によって、一種ののような影響を子供に与えるのこと。 母の場合は母(どくはは、どくぼ)、ママ(どくママ)と称される。 また、父の場合は父(どくちち、どくふ)、パパ(どくパパ)と称される。

毒親 - Wikipedia

 

ウィキペディアでは上記のような説明となっておりますが、

もっと簡潔に、分かりやすくご説明すると

 

「自分(親)にとって都合のよい事ばかりを教え、子供を支配しようとする

親」

 

さらに一言で言うと

 

「自己中心的な親」

 

であると私は感じます。

親の価値観を子供に押し付ける事ほど毒毒しいことはありません。。

親が子供をコントロールしようとすることほど恐ろしい事はありません。。

 

毒親の症状は数え切れないほどあり、ここでは書ききれない程です。

ネット上にもいくつかチェックリストがご紹介されているのでそれらを活用して診断してみるのもおすすめです。

 

「もしかして…私の親って毒親?」

 

そう気づけた人は幸運です。

たいていの人は、まさか自分の親が毒親とは思いもしないものです。

そして、まさか自分が毒親であるとも思いもしないのです。

 

現代でこそ「毒親」という言葉が流行していますが

実はこういった心の問題を抱えている家庭の事を

機能不全家族

といい、

その機能不全家族の環境の中で育ち、幼い頃から心に傷を負ったまま成長した大人をアダルトチルドレンと言います。

 

このことを詳しく解説しようとするととんでもなく話が長くなってしまうので

・・・この辺で割愛させて頂きます。

 

ただ1つ知っておいてもらいたい事は

「ほとんどの大人がアダルトチルドレンの傾向がある」

という事です。

ほとんどの大人が、自分でも気付いていない心の問題を抱えたまま一生懸命に生活しているのです。

 

 

さて、ここで皆さんに質問です。(子供をもつ親への質問)

 

自分の子育てを振り返って、どう思いますか?

 

 

 

・・・

・・・・・

みなさん、どう思いましたか??

正直に、自分に素直に答えてみてください。

 

 

 

「これだけやってきた…!頑張った!あれもしてあげたし、これもしてあげた…!」

と自信満々に思いますか?

 

 

それとも

 

 

「もっとこうしてあげたかった…。あの時、こうできたのでは…?」

と反省してしまいますか?

 

 

 

 

子供を心から愛している親は、子供の立場に立って物事を考えます。

だから自分の子育てが子供にとって満足なものであるか否かを基準に考えます。

満足することなんてないんです。だって与えたい愛情が溢れているから。

 

「もっとこうしてあげたかった…。あの時、こうできたのでは…?」

という思いには下記のような主語が入ります。

「もっと子供にこうしてあげたかった…。あの時、子供にこうできたのでは…?」

 

反対に、

「これだけやってあげた。」という考えは自分(親)の立場からしか物事を見ていません。自己満足に過ぎません。

 

「これだけやってきた…!頑張った!あれもしてあげたし、これもしてあげた…!」

という思いには下記のような主語が入ります。

私はこれだけやってきた…!私は頑張った!私はあれもしてあげたし、私はこれもしてあげた…!」

 

隠れた主語を見れば良親がどちらであるかは一目瞭然ですよね。

 

 

「良母はもっとこうしてあげたかったと反省し、毒母は自分はこれだけやったと自負する。」

 

私の恩師がしみじみ言っていたこの言葉。

今も私の心に刺さっています。

 

 

 

みなさんはどう思いましたか?

 

 

クレヨンしんちゃん「野原一家」になりたい。

 

私の栄養補給はマテ茶。

どうも庶民です。

 

 

復活・・・!!!

復活したぞー!!!

 

ウイルスに勝ったぞ~!!

 

そうです。

やっといつもの体調に戻りました。

 

やはり元気が一番。

 

ガラガラ声の状態で鑑定を行い、すいませんでした。。

私の方が心配されてしまいました。。

体調管理に気を付けます。

 

 

突然ですが、

みなさんの理想の「家庭」とはどんなものでしょうか?

 

笑顔の絶えない家庭?

金銭的に余裕のある家庭?

自由に何でもやらせてくれる放任主義家庭?

 

ちなみに、私の理想の家庭は

 

クレヨンしんちゃん「野原一家です。

 

親も子供も互いに遠慮せずにものを言い合える家庭は野原一家くらいのものです。

互いにという点がポイントです。

これはお互いにお互いを信頼していなければ絶対にできません。

 

親子だから~

血がつながっているから~

何もしなくても通じ合える~

なんて考えている人は危険ですよ。

 

大事なのは相手を尊重できているかどうか。

たとえ5歳児でも「人権」を尊重して接する事ができるかどうか。

親が子供の前でかっこ悪いところをさらけ出すというのも野原一家ならでは。

どんな時も野原一家の根底にあるのは「無償の愛」。

これぞ本来あるべき家庭の姿なのではないでしょうか。

 

 

勝手に庶民は思っています。

 

クレヨンしんちゃんは下品だから子供に悪影響だ!」

と言って我が子に見せたがらない親も多いですよね。

 

もったいない。

お手本にすべき家庭の姿が見れるのに。

 

 

ちょっと抵抗があるという方は

テレビ放送のものではなく映画を見てみるといいですよ。

普通に感動します。

 

私はみさえになりたい。

 

ところで、

近年「毒親」という言葉をよく耳にします。

 

今日は病み上がりなのでうまく力説ができないため

次回、この毒親について詳しくお話します。

 

皆さんもお体ご自愛くださいませ。